So-net無料ブログ作成
カブトムシ ブログトップ
前の10件 | -

夏の忘れ物・・・ [カブトムシ]

こんばんわ。

カピバラ父さんです。

今回は「カプトムシの幼虫」が掲載されています。
生理的に駄目な方はここで終了願います。




何故か・・・

久々に放置してあったカブトムシのケースを「ふっ・・・」と見てみると、

「土が少ない・・・!!!???」


そうです。

カブトムシがタマゴを産卵した後、腐葉土とクヌギチップをブレンドさせた土を飼育ケースに山盛りにしたはずなのに・・・


こんなに少ない・・・。


そういえば、子供達が

「土の上に幼虫が数匹出ていたよ・・・」

と言っていたな・・・。


【・・・も・・・もしや・・・



oh-----っ!!!



土は全部「フン」でしたぁ~!!!


【子供は面倒見ないし・・・お金かかるし・・・手間かかるし・・・コバエは沸くし・・・・もう・・・・このまま公園の土に埋めてこようかな・・・】


そう思いましたが、とりあえず様子を確認。

土を。。。いや・・・フンをひっくり返してみました・・・



11匹でぇ~っす。

2齢幼虫?・・・いや・・・3齢かな?



11匹かぁ^^^^^^^11匹なら育ててやるか・・・

・・・と、ホームセンターで「クヌギチップ」と「園芸用腐葉土」を購入。
ブレンド土で飼うことにしました。



【わーーーい!ご飯だご飯だぁぁーーーーー

【わり~ね! 一年お世話になるよ!!! よろしくね!

そう言っているようでした・・・。


これまでやってきた「カブトムシ育成記」また再開です。

カブトムシ育成日誌⑮~2009年成虫の終焉~ [カブトムシ]

こんばんわ

カピバラ父さんです。


さてさて、久々のカブトムシ育成日誌です。

※今回は幼虫の写真&動画があります。
イモ虫苦手な方はここで引き返してくださいね!



もう・・・8月でお盆。

予定のカブトムシが生まれてこない。



その上、最近成虫の姿が少なくなっている。




そこで、お掃除をすることにいたしました。



まず、今の飼育ケースを掃除。




残念ですが、3匹の♂と2匹の♀がお亡くなりになられていました。



次に昨年から育てている幼虫ケースを2つ確認。




奥底に敷いた「黒土」部分にやはり【蛹室】発見。



すごいですよね・・・。



目が無いので、レーダーでお互いの距離を確認し、お互いが邪魔にならないよう等間隔で部屋を作るんです。



そしてその部屋は綺麗にくりぬかれたように作られているんです。


その部屋を取り出してみました。



下に溜まっている茶色の塊が「蛹の皮」です。

こいつを脱いで、カブトムシ達は地上に這い上がってくるんです。



その蛹を綺麗に伸ばすと、こんな感じ。


一番左の黒いパーツ。


これが、幼虫時代の【顔】です。


成虫になると


取れてしまうんですよ!


自然の神秘。


でも・・・・・・・・




今回のカブトムシ達は、全体的に小さく、発育不全。
また、病気(細菌)への耐性が弱い。

蛹のまま【腐ってしまった】という幼虫も数匹見つけました。

この2年見たことのない現象です。


ここ2年間で全く別の血を入れず、最初の

♂:1匹 ♀:3匹

からの子孫であった事が原因のようです。



これが、近親交配の問題点なんですね。

やはり人間界では法的に定められている理由が今回のカブトムシ育成でなんとなく分かった気がします。


正直、今年で育成は終了し、卵は廃棄。
来年新規で始めようかと思っていました。


でも結局、幼虫(一齢)が結構な数見つかってしまいました。


その上、何故かいまだに幼虫もままの3齢幼虫も(何故?)

生まれてきたこの子達には罪は無い。



今後、この子達の育成方法について家族会議を行うべきでしょう。



【これが近親交配の問題点である】



この事も十分、子供には説明します。



わたしのカブトムシの育成方針は、私が好きなのは勿論ですが、

【教育】だからです。

なんでも「かわいそう」では済まされないんです。



責任が取れるのか?


ここが重要です。


最後に、この幼虫達が土にもぐっている様子をご覧ください。
(再生時間は約2分)

カブトムシ育成日誌⑮~2009年成虫の終焉~ [カブトムシ]

こんばんわ

カピバラ父さんです。


さてさて、久々のカブトムシ育成日誌です。

※今回は幼虫の写真&動画があります。
イモ虫苦手な方はここで引き返してくださいね!



もう・・・8月でお盆。

予定のカブトムシが生まれてこない。



その上、最近成虫の姿が少なくなっている。




そこで、お掃除をすることにいたしました。



まず、今の飼育ケースを掃除。




残念ですが、3匹の♂と2匹の♀がお亡くなりになられていました。



次に昨年から育てている幼虫ケースを2つ確認。




奥底に敷いた「黒土」部分にやはり【蛹室】発見。



すごいですよね・・・。



目が無いので、レーダーでお互いの距離を確認し、お互いが邪魔にならないよう等間隔で部屋を作るんです。



そしてその部屋は綺麗にくりぬかれたように作られているんです。


その部屋を取り出してみました。



下に溜まっている茶色の塊が「蛹の皮」です。

こいつを脱いで、カブトムシ達は地上に這い上がってくるんです。



その蛹を綺麗に伸ばすと、こんな感じ。


一番左の黒いパーツ。


これが、幼虫時代の【顔】です。


成虫になると


取れてしまうんですよ!


自然の神秘。


でも・・・・・・・・




今回のカブトムシ達は、全体的に小さく、発育不全。
また、病気(細菌)への耐性が弱い。

蛹のまま【腐ってしまった】という幼虫も数匹見つけました。

この2年見たことのない現象です。


ここ2年間で全く別の血を入れず、最初の

♂:1匹 ♀:3匹

からの子孫であった事が原因のようです。



これが、近親交配の問題点なんですね。

やはり人間界では法的に定められている理由が今回のカブトムシ育成でなんとなく分かった気がします。


正直、今年で育成は終了し、卵は廃棄。
来年新規で始めようかと思っていました。


でも結局、幼虫(一齢)が結構な数見つかってしまいました。


その上、何故かいまだに幼虫もままの3齢幼虫も(何故?)

生まれてきたこの子達には罪は無い。



今後、この子達の育成方法について家族会議を行うべきでしょう。



【これが近親交配の問題点である】



この事も十分、子供には説明します。



わたしのカブトムシの育成方針は、私が好きなのは勿論ですが、

【教育】だからです。

なんでも「かわいそう」では済まされないんです。



責任が取れるのか?


ここが重要です。


最後に、この幼虫達が土にもぐっている様子をご覧ください。
(再生時間は約2分)

カブトムシ育成日誌(リフォーム) [カブトムシ]

こんばんわ

カピバラ父さんです


今日は色々ありましたが、ご説明するにはあまりになが~っくなってしまうので・・・

簡単にカブトムシさんだけのお話を・・・・(^^;)




最近、毎晩徐々に増加するカブトムシさん・・・。


子供に

「欲しいと言っているお友達には【カブトムシ無料】で欲しがっているだけけあげちゃいなさい!」


と指示をした為、


現在♂3匹、♀4匹と激減。



でも、やはり増え続ける・・・。



40匹まで残り20匹。



ケースを大型化することに決定。





あらら・・・・・・・・・ケースでかすぎ・・・





でも、成虫となったカブトムシが【蛹】を傷つけてしまうので、仕方が無いと事・・・(ー_ー)




故に、【蛹(さなぎ)用】のケースはそのまま・・・。




今ケースを動かしちゃうと、【蛹室】を壊し(崩し)ちゃうから全部生まれるまではこのまま動かさずに待ってまーーーす



とりあえず、生まれたら新ケースへ移動させることにしました


そうそう!

カブトムシあげたお子さんの母親殿からお返しいただいちゃいました・・・。

逆にご迷惑だったかも・・・

(アイスコーヒーは父さんのお手製

カブトムシ育成日誌(リフォーム) [カブトムシ]

こんばんわ

カピバラ父さんです


今日は色々ありましたが、ご説明するにはあまりになが~っくなってしまうので・・・

簡単にカブトムシさんだけのお話を・・・・(^^;)




最近、毎晩徐々に増加するカブトムシさん・・・。


子供に

「欲しいと言っているお友達には【カブトムシ無料】で欲しがっているだけけあげちゃいなさい!」


と指示をした為、


現在♂3匹、♀4匹と激減。



でも、やはり増え続ける・・・。



40匹まで残り20匹。



ケースを大型化することに決定。





あらら・・・・・・・・・ケースでかすぎ・・・





でも、成虫となったカブトムシが【蛹】を傷つけてしまうので、仕方が無いと事・・・(ー_ー)




故に、【蛹(さなぎ)用】のケースはそのまま・・・。




今ケースを動かしちゃうと、【蛹室】を壊し(崩し)ちゃうから全部生まれるまではこのまま動かさずに待ってまーーーす



とりあえず、生まれたら新ケースへ移動させることにしました


そうそう!

カブトムシあげたお子さんの母親殿からお返しいただいちゃいました・・・。

逆にご迷惑だったかも・・・

(アイスコーヒーは父さんのお手製

カブトムシ育成日誌⑭(成虫:2009年)増殖中② [カブトムシ]

こんばんわ!

再度のカピバラ父さんです


さてさて、実家より帰宅してみると・・・・・・



またまた孵ってる・・・・・。


♂2匹 ♀1匹


計10匹内外・・・


夜中「ブンブン」「ガリガリ」「メリメリ」

ケースを小分けにしていますが、大箱の「衣装ケース」には、まだまだ蛹が大勢いるので、成虫を入れておくと蛹を傷つけてしまいます。


もう、ケースが・・・ない

喧嘩が激しくなっているので、そろそろ里子に出さないと、早死にしてしまいます。


子供への指令!

「明日、カブトムシが欲しいといっている友達に【小さいけど、ほしい人は虫かごもって集合】とお話をしてくるように!」

と発令!



いやいや。


こんな状況の中、実母が友人宅に遊びに行ったとき見つけらしく、

本日帰省した際「ほらほら!!!すっごいでしょ!でしょ~!!!!」

と子供にプレゼントしてくれました。


「ノコギリクワガタ」です

次男大喜び。

一日、実家の二階に散歩させに行ったり、バナナをあげたり。
さんざん喜んでかわいがってました。


そんな姿と実母の優しさを考えると、断れずそのまま一緒に帰宅。


またまた仲間が増えちゃいました

カブトムシ育成日誌⑭(成虫:2009年)増殖中② [カブトムシ]

こんばんわ!

再度のカピバラ父さんです


さてさて、実家より帰宅してみると・・・・・・



またまた孵ってる・・・・・。


♂2匹 ♀1匹


計10匹内外・・・


夜中「ブンブン」「ガリガリ」「メリメリ」

ケースを小分けにしていますが、大箱の「衣装ケース」には、まだまだ蛹が大勢いるので、成虫を入れておくと蛹を傷つけてしまいます。


もう、ケースが・・・ない

喧嘩が激しくなっているので、そろそろ里子に出さないと、早死にしてしまいます。


子供への指令!

「明日、カブトムシが欲しいといっている友達に【小さいけど、ほしい人は虫かごもって集合】とお話をしてくるように!」

と発令!



いやいや。


こんな状況の中、実母が友人宅に遊びに行ったとき見つけらしく、

本日帰省した際「ほらほら!!!すっごいでしょ!でしょ~!!!!」

と子供にプレゼントしてくれました。


「ノコギリクワガタ」です

次男大喜び。

一日、実家の二階に散歩させに行ったり、バナナをあげたり。
さんざん喜んでかわいがってました。


そんな姿と実母の優しさを考えると、断れずそのまま一緒に帰宅。


またまた仲間が増えちゃいました

カブトムシ育成日誌⑬(成虫:2009年)増殖中① [カブトムシ]

おはようございます

カピバラ父さんです


予想通り、昨晩「カブちゃん」が増殖いたしました



【7/09(木)夜】
 ・♂:3匹
 ・♀:1匹

前回報告(7/8(水)夜 ♂:1匹 ♀:1匹)と合わせると、


【7/11(土) 朝現在】
 ・♂:4匹
 ・♀:2匹



残念ながら、全て「ちびカブちゃん」ですけど(^^;)

カブトムシ育成日誌⑬(成虫:2009年)増殖中① [カブトムシ]

おはようございます

カピバラ父さんです


予想通り、昨晩「カブちゃん」が増殖いたしました



【7/09(木)夜】
 ・♂:3匹
 ・♀:1匹

前回報告(7/8(水)夜 ♂:1匹 ♀:1匹)と合わせると、


【7/11(土) 朝現在】
 ・♂:4匹
 ・♀:2匹



残念ながら、全て「ちびカブちゃん」ですけど(^^;)

カブトムシ育成日誌⑫(成虫:2009年) [カブトムシ]

こんばんわ

カピバラ父さんです


本日、午後半日

本社研修。



終了後懇親会


今年二年目の四国支店の新人の女の子とお話する機会がありました。


あまりにも素直・・・


うちのお店にもその子と同期の女の子がいますが・・・

その子はプライド高い



「はぁ~い!」



とか答えるものの、行動では答えない・・・

自分の都合のいいときだけ「せんぱ~い」ぐらいの事をいう・・・。

もう・・・どうでもいい・・・・どうせ今は部下でもないし・・・(冷)




そんで、ウチの店のそのこの同期の男の子に

「あの子かわいいな

入れたら、「ど真ん中のストライクっすか?」ってあり。


まぁ・・・・・・・・こいつも男だけど、かわいいヤツです(笑)


さてさて、その女の子

性格も容姿(プチぽっちゃり系)もすんごくかわいいので・・・・



な・・・なんと・・・・・・・・・・




本日・・・・・・・・・・・・・・・
















「いつまでも、新人のように常に業務に疑問を持ちながら、改善意欲を持ち続けて欲しい。
現在の仕事に慣れてしまって、これが当然で大変なのは仕方が無い。と思った時点でその人の進歩は終わりだ。」

みたいな・・・・感じの事を父さん熱く語っちゃいました


だって、目をキラキラ輝かせながら、聞いてくれるんですもの・・・


わたし・・・


野暮ったいですね・・・








さて、本題です。



そんなこんなで、ホクホク顔で帰宅





あっ・・・・・・・・・・






生まれてる!!!!!!



一匹!




二匹!!






でも・・・・・・・・・・・



小さい・・・・


早速、【チビカブちゃん】登場です


???・・・・・ということは、


間もなく「わっさわさ」か?
前の10件 | - カブトムシ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。